勉強のやり方ブログ

効率的で本物の学力がつく勉強法を探求しています。

2009年07月

090728_0745~0001.jpg 打ち捨てられた透明なカサとアジサイ。
朝の公園の風景。アジサイの季節なら素敵な写真になったでしょうが…。

でも

そうだ!

来年このシチュエーションでアジサイの季節に撮ってみようっと。

090727_1818~0002.jpg 日本の気候は変わったのでしょうか。

亜熱帯を通り越して熱帯?

今日は昼過ぎまで暑い1日でしたが、午後急に大雨。

クルマを車検に出すためにトランクのキャンピング用具を汗だくになりながら物置に収納。

仕事で外回り。訪問先を出るときに雨に降られました。

激しい雨でした。

ひとしきり降って、爽やかな風が一迅吹いたと思ったら、雨が上がりました。

気温も下がり爽やかな夕になりました。
そして虹が二重にでました。

寒冷前線が通過したたけかも知れませんが九州や山口県の雨の降り方をみていると日本の気候は変わってしまったのかなと思ってしまいます。

この際気象の勉強をするのはいいかもしれません。

巨大台風とか。

090720_1720~0001.jpg 昨日急に来客があり、お土産をもらいました。

猪苗代(福島県)のお菓子「きてくたされ」。

ご存知、野口英世と母シカの写真が使われています。

仕事が広報なので有名な手紙には興味があり、ときどき読むようにしているのですが、マラソンの円谷幸吉の遺書とともによく収録されているのが野口英世の母のひらがなの手紙です。

どんな美文にも負けない力強さがあります。

息子へのラブレターですね。

はやくきてくたされ。

 


円谷幸吉の手紙 ↓

 

円谷幸吉

 

 

 

090715_0945~0002.jpg 画像は北千住の大橋眼科。近くを通ったのでパチリ。といっても何の予備知識もありません。レトロな外観に惹かれたのです。後で調べてみます。

今朝は近くの公園でウォーキングしてから出勤。

少しアイデアを煮詰めたいと思ったのです。こういう時は歩くのが一番。歩くリズムが思考に刺激を与えてくれます。これはおそらくバイオリズムと関係していてアイデアが湧いて来るときと全くダメな時があります。

ダメな時は諦めてひたすら作業をすることにしています。ウォーキングならiPodで音楽を聴くとか歩くことに集中してできるだけ早足で歩くとかですね。

それで今日はアイデアが湧くというより、それを具体的に組み立てる作業。アイデアを広げるというより「深める」ということです。

一周900メートルのコースを4周。

約40分歩いてやることを決めました。サイトの作り方を少し変えることにしたのです。

このような少し大掛かりな変更はエネルギーを要しますのでいきなり始めるのではなく、こうした思考作業が必要です。

090706_1844~0001.jpg 焦って勉強しているとよく陥ることです。

今日のことです。
………………………
暑い!蒸し暑い!

こんな時はスタバで涼むしかありません。

メールチェックもそこで。

アイスコーヒーは飲まないのでミルクをいれてトールドリップなのですが、結局ネットでニュースをチェックし、その後本に夢中になってしまい、コーヒーを飲んだことは最初の一口しか覚えていません。

まあ、だいたい、いつもそうなので気にしませんがコーヒーくらいじっくりと味わう心の余裕が欲しいものだと今日はなぜか反省しました。
焦るばかりではなく、むしろ落ち着くこと。『じっくり』ということが大切なのです。

『腑に落ちる』というコトバがありますが、物事の道理を分かるためには、まさに『腑に落とす』必要がありますが、これはどっしり構えてじっくりやらなければなりません。

たぶん今日、スタバのコーヒーはそのことを私に教えてくれたのです。
………………
帰ったらしっかりペーパーで自分で淹れたコーヒーを飲むことにします。

↑このページのトップヘ