おそらく学問の本質には関係ないのですが、

 

とにかく

 

試験を突破するためには

 

勉強の要領が大切です。

 

じっくりと取り組んで「考える」ことが私はとても大切だと、学校を出てだいぶ経ってから思うようになりましたが、学校時代は試験、試験でとにかく「覚える」ことだけでした。

 

そこで自然と身に着けたのが自分なりの記憶術でした。視覚的にパターンで覚えるという方法です。

 

でも、実は世の中にはもっと記憶術が存在します。

 

これは学問というよりスキルなので、大真面目に学校で教えることはありません。

 

しかし、それを身につけておくのとおかないのとでは

 

明らかに試験などで差が出ます。

 

誰もいわないけど、わかっている人はみんな分かっていること。

 

そういうノウハウが「勉強」にはあります。

 

ノート術、記憶術、速読術(読書術)などです。

 


【3日間キャンペーン】記憶術”日本一”を勝ち取った藤本憲幸の「超」記憶術