勉強のやり方ブログ

効率的で本物の学力がつく勉強法を探求しています。

カテゴリ: 数学

難問「ABC予想」解明か 望月京大教授 話題沸騰 - MSN産経west

>現代の数学に未解明のまま残された問題のうち、「最も重要」とも言われる整数の理論「ABC予想」を証明する論文を、望月新一京都大教授(43)が18日までにインターネット上で公開した。

>論文は4編の500ページ。整数論の代表的難問であり、解決に約350年かかった「フェルマーの最終定理」も、この予想を使えば一気に証明できてしまうことから、欧米のメディアも「驚異的な偉業になるだろう」と興奮気味に伝えている。

>ABC予想は1985年に欧州の数学者らによって提唱された。AとBの二つの整数とこれらを足してできる新たな整数Cを考え、それぞれの素因数について成り立つ関係を分析した理論で、整数の方程式の解析では「最も重要な未解決の問題」とも言われる。  
>望月教授は米プリンストン大数学科を19歳で卒業、京大助手などを経て現職。

この前取り上げたフェルマーの最終定理を別なアプローチから一気に解いてしまうといわれるABC予想を証明したと数学会では話題が沸騰しているそうです。

勉強のやり方ブログ | フェルマーの最終定理を証明したアンドリュー・ワイルズのお話

数学のひらめきの話がおもしろかったので、もう一度アンドリュー・ワイルズの動画を探してみました。

 

こちらは藤原正彦さんがNHK人間講座「数学者列伝」で紹介しておられるアンドリュー・ワイルズがフェルマーの最終定理を解くまでの物語。

 

3回目で日本人数学者の話、日本の独創性そして美的センスの話が出てきます。

 

 

 

 

フェルマーの最終定理を証明したアンドリュー・ワイルズの証明までの道のりを紹介したドキュメンタリー。

 

これまでの数学者たちの方法を使って証明していくアイデア。その中に日本人数学者が何人もでてきます。

 

日本人の数学的な才能は注目すべきですね。

 

さらに一度証明したと思い、学会に発表、世界から賞賛を受けるのですが、最後のところで間違いがわかり、一年あまりらちがあかないのですが、一年がたったある朝、突然証明がひらめきます。

 

 

 

 

↑このページのトップヘ