勉強のやり方ブログ

効率的で本物の学力がつく勉強法を探求しています。

カテゴリ: 数学

sansu
えいご村キャンプを毎年開催しているNPOマナビバでは今年はじめて算数・数学ワークショップ『未来の扉』を行います。
21世紀は数学の時代と言われますので、それに日本の子どもたちが遅れないために新しい学び方で算数数学に挑みます。
詳しくは
https://eigomurasa.jimdo.com/

子どものための算数・数学ワークショップ

『未来の扉』

をご覧ください。

これからの時代は情報が社会を動かすといわれた時代(society4.0)を越えて、AIや統計学・データサイエンスが社会を動かす超スマート社会society5.0(ソサエティ5.0)がやってくると言われています。仕事も働き方も大きく変わります。

  

その中で算数・数学の学びが重要になっています。

 

しかし積み重ねで学んでいく算数数学は途中でつまずく子どもも多く、数字に苦手意識を持ち、学ぶことから離れてしまう子どももいます。

 

そこでNPOマナビバでは、暗記ではなく、自分の頭で論理的に考えていくとはどういうことかを、基本に戻って学ぶ算数・数学ワークショップを始めます。

 

足し算・引き算・掛け算・割り算といった四則演算や九々、分数、小数、割り合いなどを体験と結び付けながらもう一度じっくり学びなおしてみると、「なんとなく理解していた」こと「分かったつもりでいたこと」が「ストンと分かる」ようになる瞬間があります。この「分かる」という体験を私たちは大切にしています。それを積み重ねていくことで理科数学が好きになり、論理的に思考するということが身についていきます。

12月26日 午後1時から4時
四谷 教育デザイン研究所
参加費3000円
松原望東大名誉教授の指導で行われます。
「わかりやすく、楽しく、ためになる」松原三原則

 



難問「ABC予想」解明か 望月京大教授 話題沸騰 - MSN産経west

>現代の数学に未解明のまま残された問題のうち、「最も重要」とも言われる整数の理論「ABC予想」を証明する論文を、望月新一京都大教授(43)が18日までにインターネット上で公開した。

>論文は4編の500ページ。整数論の代表的難問であり、解決に約350年かかった「フェルマーの最終定理」も、この予想を使えば一気に証明できてしまうことから、欧米のメディアも「驚異的な偉業になるだろう」と興奮気味に伝えている。

>ABC予想は1985年に欧州の数学者らによって提唱された。AとBの二つの整数とこれらを足してできる新たな整数Cを考え、それぞれの素因数について成り立つ関係を分析した理論で、整数の方程式の解析では「最も重要な未解決の問題」とも言われる。  
>望月教授は米プリンストン大数学科を19歳で卒業、京大助手などを経て現職。

この前取り上げたフェルマーの最終定理を別なアプローチから一気に解いてしまうといわれるABC予想を証明したと数学会では話題が沸騰しているそうです。

勉強のやり方ブログ | フェルマーの最終定理を証明したアンドリュー・ワイルズのお話

数学のひらめきの話がおもしろかったので、もう一度アンドリュー・ワイルズの動画を探してみました。

 

こちらは藤原正彦さんがNHK人間講座「数学者列伝」で紹介しておられるアンドリュー・ワイルズがフェルマーの最終定理を解くまでの物語。

 

3回目で日本人数学者の話、日本の独創性そして美的センスの話が出てきます。

 

 

 

 

フェルマーの最終定理を証明したアンドリュー・ワイルズの証明までの道のりを紹介したドキュメンタリー。

 

これまでの数学者たちの方法を使って証明していくアイデア。その中に日本人数学者が何人もでてきます。

 

日本人の数学的な才能は注目すべきですね。

 

さらに一度証明したと思い、学会に発表、世界から賞賛を受けるのですが、最後のところで間違いがわかり、一年あまりらちがあかないのですが、一年がたったある朝、突然証明がひらめきます。

 

 

 

 

このページのトップヘ